東京都のインプラント治療院!良心的価格の歯科医院を厳選してご紹介!

インプラントの短所

インプラントの短所

治療期間が長苦なることがある

インプラントの機能性の高さは、インプラントが骨と結合することで得られます。インプラントを埋入してから、歯槽骨と結合するまでに数か月の期間を要してしまうため、インプラントは治療期間が長くなってしまうのです。

治療費用が高額になる場合があります。

入れ歯やブリッジとは異なり、インプラントは保険が適用になりませんから、治療にかかる料金が高くなってしまいます。
また、メンテナンス費用も同様に、保険適用外となります。

手術を伴います。

ブリッジ・入れ歯といった従来の治療法とは異なり、インプラントは外科的手術が必要になります。
どんな手術でも同じことが言えますが、外科手術にはリスクが伴うということも事実です。

また、全身疾患をお持ちの患者様は、治療について主治医との相談が必要になるでしょう。

手術に注意が必要な場合があります。

手術による細菌感染により脱落を招く可能性があります。
歯周病は歯を失う原因の一つですが、インプラントも天然歯の歯周病と似た「インプラント周囲炎」に感染します。歯周病よりも進行しやすく、インプラント失敗の大きな原因となっています。

メインテナンスをし続けなければいけません。

インプラントは治療が終わってからも通院が必要になります。それは、インプラントを長持ちさせるためには、ご自身で行うセルフメンテナンスだけでは不十分だからです。歯科医院でプロのメンテナンスを受ける必要があります。
また、インプラントには、治療後のトラブルに備えて保証があるのですが、定期的にメンテナンスを受けることが保証の条件となっています。

しかし、インプラントでなくても、継続的なメンテナンスが口の中の健康維持には不可欠であることは事実です。


a:114 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional